予防医学に必要な視点

「病気を治す」から「病気にかからない」を指導する


予防医学とは、狭義には、病気を未然に防ぐ学問といえます。

食生活を初めとする、生活習慣を正し、良質なイメージを心に持ち、病や心身の不調に抵抗できる身体を作ることが、これにあたります。

病気になったら治すという、治療医学に対して、病気にならないように予防するのが『予防医学』です。


また一方で、病気を予防するだけでなく、より広い意味で、傷害の防止、寿命の延長、身体的・精神的健康の増進も予防医学の一環と考えられています。


つまり病気の予防だけでなく、病気の進展を抑え遅らせることも、さらには、再発を防止することも予防であるとされています。


幅広い予防医学の観点から生活習慣における気をつけるポイントを4つに絞って講義していきます。


その4つとは

①「充分な水」について

②「適切な温度」について

③「腸内環境」について

④「デトックス」について


この4つは生体内における代謝機能にを円滑に行うためにも必要な条件になってきます。

新陳代謝という言葉は聞いたことがあると思います。古いものを排泄し、新しいものを作り出す身体における重要な機能です。


①古くなったもの、余分なものを排泄する

②新しく必要なものを取り入れ、再編成する


この2つの機能が予防医学を考える上で非常に重要になってきます。


なぜ、これが重要かという点に関してもエントロピー増大の法則、自己組織化、カオス理論などを視点から講義内で説明させていただきます。


人生を幸せに生きるためには健康というものがあるに越したことはありません。

今ある健康を当たり前だと考えるのではなく、貴重な健康を守って考えていきましょう!


【日時】

2018年6月30日(土)20:00〜22:00


【場所】

つくば市二の宮2−4−3グランドパレスNS-2

※部屋番号は参加申込ごにお伝えいたします。


【参加費】

LINE@より申し込みで2000円

問い合わせフォームからの申し込みで3000円となります。


【申し込み方法】

下記よりLINE@の登録後申し込み または 問い合わせフォームより申し込みください。

LINE@より申し込み場合は下記をご記入の上、申し込みください。

・氏名:

・年齢:

・性別:

・資格:

・所属先:

・経験年数:

SSC ー臨床スキルシェア倶楽部ー

セラピスト向けにテクニックよりも根底にある“考え方”を重要視してセミナーやイベント企画等も行っている。 【学び合うこと】【高め合うこと】【楽しむこと】【輪を広げること】 上記の理念を掲げ、セラピストの繋がりも重要視。 多くのセラピストと一緒に学び、楽しく継続出来るようなサークルにしたいといった代表の思いから“倶楽部”という名称になっている。 人生、皆で楽しみましょう!!

0コメント

  • 1000 / 1000