頭蓋仙骨療法コース

人体の60~70%は水分から出来ています。

高齢者や幼児の元気がないときは脱水を疑え!と言われているくらいに、この水分が減ってしまうことは種々の体調不良を引き起こします。


つまり、人体において「水分が満たされている」ということは、健康のための必須条件です。

健康な身体とは、自然治癒力がしっかりと働いている状態です。


自然治癒力を高めるためには水分が絶対に必要なのです。


しかし、水分はただ満たされていればいいわけではありません。


川が綺麗でいるためには流れ続けている必要があります。

ずっと同じ場所に同じ水があれば淀んでしまいます。


つまり、水分は循環していることが必要なのです。


すごく単純な話をすれば、指先の循環が止まってしまえば指先は壊死してしまいます。

健康のために、体液が循環していることもまた必須条件ということです。


人体における水分は【満たされていること】と【循環していること】が必要です!


では、身体内で循環している体液と言えばなんでしょうか?

「血液」と「リンパ液」と「脳脊髄液」です。


このうち、血液とリンパ液は筋骨格系の手技やマッサージでも循環が促されるものです。

しかし、脳脊髄液に関しては、頭蓋仙骨療法のみが循環を改善すると言われています。


今回のセミナーでは、頭蓋仙骨療法を中心に脳脊髄液の循環を促す方法をお伝えしていきます。


また、蝶形骨の動きを調整することで、蝶形骨の上に位置する松果体にも影響を与えるといいいます。松果体は第3の眼とも言われる重要な器官です。



【この頭蓋仙骨療法コースの5つの特徴】

1.実技中心で行います。


 細かい技術の必要なテクニックですので、実技が中心となります。もちろん座学も行いますが、実技中に口頭で説明していくことが多くなります。質を上げるためには量をこなさなければなりません。徹底的に実技を行っていきます!


2.全員が習得するまで終わりません。


 一応、全7回コースとなっていますが、回数が増える可能性があります。習得するまでに必要な時間はそれぞれに差があります。全員が習得できるまで、第8回、第9回、第10回・・・と、回数が増える場合がございます。しかし、それでも追加料金は頂きません!


3.全7回コースだけど休んでも大丈夫!


上にあるように休んでも全員が習得するまで終わりません。そのため「2回目だけ行けない」といった場合でも安心してご参加ください。しっかりと習得するまで行います。そのため、「急いで習得したい!」という方はご遠慮ください。


4.超少人数制で行います。(定員6名)


 少人数制で行うことで、質問もしやすい状況になります。また、何回も会うことで受講生同士の仲も深まることと思います。いわゆる“コネ”が広がります。そして、このコネを最大限に生かしていく仕組みを作っていきます。


5.セミナーだけで終わりません!


 セミナー参加者のうち、希望者はオンラインサロンに無料で招待いたします。これは「SLACK」というアプリを使用して、運営するのでアプリのダウンロードをお願いいたします。オンラインサロンSSC(詳細はこちら)は単体で入会すると10000円かかります。お得!


 【日時】

H30.10.24(水)19:30〜22:00

H30.11.14(水)19:30〜22:00

H30.11.21(水)19:30〜22:00

H30.12.12(水)19:30〜22:00

H31.1.9(水)19:30〜22:00

H31.1.23(水)19:30〜22:00

H31.2.6(水)19:30〜22:00

※以降、状況によって継続開催


【開催場所】

東京都荒川区町屋1−20−10 TKビル 1F(しもふり訪問看護リハビリステーション内)


【持ち物】

筆記用具・大判のバスタオルまたはヨガマット・動きやすい格好でお越しください。


【費用】

50000円

(9月中の申し込みで48000円)


【参加方法】

LINE@より下記項目をご記入の上、お申し込みください。

LINE@はこちらから登録ください。

①氏名(ふりがな):

②資格:

②資格:

③年齢:

④経験年数:

⑤所属先:

⑥参加希望セミナー:頭蓋仙骨療法コース

※質問がある際もLINE@よりご連絡ください。


SSC ー臨床スキルシェア倶楽部ー

セラピスト向けにテクニックよりも根底にある“考え方”を重要視してセミナーやイベント企画等も行っている。 【学び合うこと】【高め合うこと】【楽しむこと】【輪を広げること】 上記の理念を掲げ、セラピストの繋がりも重要視。 多くのセラピストと一緒に学び、楽しく継続出来るようなサークルにしたいといった代表の思いから“倶楽部”という名称になっている。 人生、皆で楽しみましょう!!

0コメント

  • 1000 / 1000